前へ
次へ

宅配買取で重いものと軽いものがあるとき

リュックサックに荷物を詰めるとき、重いものと軽いものがあるなら軽いものを下の方に入れると良いとされます。
下の方に重いものを入れると重心が下になり疲れやすいですが、重いものを上に入れることで楽になります。
この法則は色々なところで使えるので何らかの梱包をするときにはこの方法を守る人もいるようです。
引越しの荷物を梱包するときも下に軽いものを入れて上に重たいものを入れると軽く感じることがあるでしょう。
宅配買取をしてもらうとき、複数のものを入れて一緒に査定をしてもらうときがあります。
軽めのブランドバッグの他に重みのある本などを一緒に梱包することがあるかもしれません。
宅配買取の梱包ではリュックのように軽いものを下、重いものを上の法則は成り立ちません。
この方法を取ると軽いものが重いものに潰されてしまう可能性があるからです。
箱入りのブランド物なら大丈夫のように感じますが、箱が少し潰れて査定が下がるなどもあるので注意しましょう。

Page Top